工法紹介METHOD OF CONSTRUCTION

- 地盤改良の工法を紹介 -

一般工法

柱状改良工法

セメント系固化材と水とを練り合わせセメントミルクを攪拌翼先端から吐出させ原位置土と混合攪拌する事によって柱状の改良体を築造する工法です。低振動・低騒音工法ですし、ご近隣に配慮した工法といえます。

網管杭圧入工法

先端閉塞網管杭を回転チャックにて保持し、回転運動与え地中に圧密貫入させ支持力を得る工法です。特徴は軟弱地盤に向いている事及び、低騒音・低振動、無廃土と言う環境に優しい特長を持ち、さらに低コストを実現した工法です。

表層改良工法

新規盛土が成された地盤や、軟弱層が表層付近に限定して認められる場合などに有効とされる工法です。施工方法はセメント系固化材と表層の原地盤土をバックホウで攪拌した後、転圧機で締め固めて固結した平板状の改良体を築造するものであり、原理的には単純な工法といえます。